「RISKY」広瀬ひなた役の女優は誰?萩原みのりとは?

芸能

こんにちは、Miaです。

皆さんは「RISKY」というドラマをご存じですか?

3月25日から始まる連続ドラマです。このドラマは「めちゃコミック」で累計1700万DLされた大人気作「RISKYー復讐は蜜の味ー」というを実写化した物です。

タイトルの通り、なかなか物騒なタイトルなのですが、ストーリーは両親を失ったヒロインの広瀬ひなたが自分を育ててくれた姉の人生を狂わせた女に復讐するという内容です。

さて、この復讐をする広瀬ひなたを演じる女優がどんな人か気になりませんか?

今回は「RISKY」広瀬ひなた役の女優は誰?萩原みのりとは?についてご紹介します!

萩原みのりさんに彼氏がいるか気になる人にはこちらもおすすめ!

萩原みのりの彼氏は誰?宮近海斗との熱愛の可能性は?
こんにちは、Miaです。 皆さん萩原みのりさんをご存じでしょうか。 2012年から芸能界デビューし、現在ドラマ・映画に引っ張りだこな女優さんです。 小柄で可愛らしい見た目ですが、鋭く力強い目力や演技力の高さが評価されており...

スポンサードリンク

「RISKY」広瀬ひなた役の女優は誰?

出典:Instagram hagi_minoより

早速ですが、「RISKY」広瀬ひなた役を演じる女優は萩原みのりという女性です。

画像を見て頂くとよく分かると思いますがかなり目力が強い女優さんです。基本的な情報を以下にまとめさせて頂きます。

生年月日 1997年3月6日(24歳)
出生地 愛知県名古屋市
身長 155cm
血液型 B型
職業 女優
趣味 カメラ、映画・音楽鑑賞、新体操
活動期間 2012年 –
事務所 スターダストプロモーション 制作1部

引用先:Wikipedia、公式HPより

萩原みのりさんは若い女優さんですが芸能歴は9年と意外と長いです。

女優としてのデビュー作は『放課後グルーヴ』という作品で、仲の悪い生徒2人の仲を取り持つ本田 千夏役を演じました。作中ではバイク事故に巻き込まれ、車椅子生活を送ることになり不登校になってしまうと言う難しい役を見事に演じきりました。

この作品に出演してからドラマに出演していない年はなく、2021年はすでに3つのドラマに出演が決定しており、今回の「RISKY」では連続ドラマ初の主演を演じます。

演技力や人を惹きつける目力が高く評価されており、今勢いに乗っている女優と言えるでしょう。

スポンサードリンク

萩原みのりとは?

出典:Instagram hagi_minoより

さて、上で萩原みのりさんのプロフィールについてはご紹介させて頂きましたが萩原みのりさんは実際どのような人なのでしょうか。

萩原みのりのデビューのきっかけは?

上でも記載させていただきましたが、萩原みのりさんはスカウトをきっかけにデビューする背景には本人のつらい葛藤がありました。

というのも、当時中学生だった彼女は幼少時代から打ち込んでいた新体操をしていて、その腕は中学に入学してすぐにレギュラーに抜擢され全国大会に出場する程でした。

ですが、中学に入学してすぐに医師からドクターストップを掛けられてしまったそうです。本来はすぐに新体操を諦めないといけなかった彼女ですが、中学の全国大会を終えるまではと大会が終わるまで痛みに耐え、その後に手術を行いました。

手術は場合によっては最悪の結果に繋がりかねないもので、本人が悩みに悩んで手術を決意し、手術は無事に成功しましたが、それは彼女から生きがいやあらゆるものを奪う結果になりました。

そんな彼女は部活を止めて、ストリートミュージシャンの追っかけを始めて、そこでスカウトされたのだとか。

夢を失ったばかりの彼女はすぐには答えを出せず、親に相談したところ「あのとき挑戦しなかったことを後悔しないためにも」と背中を押してもらい、新たな夢に向かうことを決めました。

スポンサードリンク

出典:『放課後グルーヴ』より

身体の不自由さ、それ故諦めないといけなかった彼女が初めて演じたのが「事故で車椅子生活を余儀なくされた女の子」です。

自分と重なるものを感じながらの演技だったのではないでしょうか。

普段、私たちは「死」「命」という物と深く向き合うことはありませんが、彼女はずっとそれと向き合ってきました。

「RISKY」のインタビューの際に将来のことを聞かれると「10年後は役者を続けていたい」、「50年後は生きていたらいいなと思う」と、予測できない未来に対して切実な思いを教えてくれました。

生きてきてまだ長くないのにこのような言葉が出るのは彼女の今までの人生が壮絶な物であったのだと感じさせます。様々な経験をし、懸命に生きてきたからこそ、彼女の目力や演技力は人を惹きつけるのかもしれません。

萩原みのりの女優としての魅力

萩原みのりさんは女優として9年と長く芸能界で仕事をしていますが、出演している作品、役柄は様々です。

女優として経験を積んでいくと、普通はいつの間にか本人のイメージがついてくるのですが萩原みのりさんはそれがありません。

どんな役も演じきり、それが本当にそう本人が思っているのではないかと錯覚してしまうほどの演技力にファンも多いです。

萩原みのりさんに演じる時に意識していることをインタビューされた時にこのようなことを言っていました。

これといった目標は決めないようにしているんです。ゴールを決めるとつまらなくなってしまうかなって。
役者を始めたきっかけも、一枚の紙(台本)をもらったみんなが違うことをやるっていうレッスンを遠くから見ていたときに『芝居って面白い』って思って始めたので、決まっていないからこそ面白いなと思います。
なので、決まっていないところへ向かっていきたいなっていう思いが強いですね。
ただ、ゴールがないと進んでいるか進んでいないかも分からないので、その分不安も大きいと思います。でも、悩むのもアリだし、どれだけ嫌なことがあっても引き出しが増えるだけだし、ある意味ポジティブに持っていけることが楽しいなって思っています」

ずっと女子校だった萩原みのり、I”s(アイズ)では積極的にアプローチも「共学の恋愛が分からないんです」

普通は芸能界で生きていくとなるとキャラ付けとか方向性とか決めてやるものですが、萩原みのりさんはそれをあえてやらないようにしているのだとか。

なので、より自然で様々な役を柔軟に演じる事が出来る「何色にも染まらない、萩原みのり」が生まれたのだと思います。

これからどんな萩原みのりさんの顔を見せてくれるのか楽しみですよね♪

スポンサードリンク

素の萩原みのりはどんな人?

出典:Instagram hagi_minoより

萩原みのりさん現在仕事に大忙しの女優さんですが、普段はどのような人なのかまとめてみました。

負けず嫌いな性格

・実家が大好き

暇があればいつも実家に帰りたいくらい実家が大好きなのだそう。

・頑張った自分へのご褒美はドクターマーチンを買う

・大のファザコンである

お母さんとお父さんを取り合うほどお父さんが大好きだそうです。

・音楽を聴きながら散歩することが好きでバスなどに乗るのが嫌い

・コロナをきっかけに身の周りのことを大切にすることを意識するように

仕事を中心に過ごしてきた彼女ですが、コロナ渦をきっかけに自分や身近の人、生活を大切にすることで素敵な役者になれるのではと考えるようになったとか。

愛する家族との時間を大切にし、のんびり音楽を聴きながらのお散歩、生活を軸に良い役者を目指すまっすぐな性格などが素の彼女を作っているのかもしれませんね(^^)

スポンサードリンク

まとめ:「RISKY」広瀬ひなた役の女優は誰?萩原みのりとは?

出典:Instagram hagi_minoより

最後まで読んで頂きありがとうございました。

今回は「RISKY」広瀬ひなた役の女優は誰?萩原みのりとは?についてご紹介させて頂きました。

萩原みのりさんは演技力がかなり高く、あえて役のキャラ、方向性を決めないで試行錯誤しながら人間味のある女優を目指している女性であることがわかりました。辛く諦めた過去もありましたが、今は新たな夢に向かって、負けず嫌いな性格を生かして突き進んでいく姿はとても好感が持てます。

外見は可愛らしいにもかかわらず、独自の強さを感じる目力の強さは今後も彼女の武器となっていくのでしょう。

今年はドラマ「RISKY」「お茶にごす。」、映画「街の上で」などどれも主演・レギュラーとして出演予定です。今後どのような彼女を見せてくれるのか楽しみですね♪

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました