おうちカフェ初心者必見!紅茶の美味しい入れ方をご紹介!

カフェ

こんにちはMiaです。ステイホームがすっかり定着して、これを機にとおうちカフェを始めた方も多いかもしれませんね。

Miaさんこんにちは!確かに家で過ごす機会が増えて家でお茶をする頻度が増えた気がします!でも家だとあんまり美味しく入れれないのでやっぱりカフェに行きたくなります(^^;)

カフェの紅茶って美味しいですよね!でもおうちでもカフェでも同じように美味しい紅茶を入れる方法があるんです。今回は美味しい紅茶の入れ方についてご紹介します!

 

興味があればこちらもご覧ください!(家でもカフェ気分を味わいたい!気軽にカフェ気分を味わうためにそろえるべき物は?代表的な紅茶の種類と飲み方とは?あなたにぴったりな紅茶をご紹介!

 

グッズも茶葉も全部揃えていざ紅茶を淹れてみたけど、紅茶の風味を感じなかったり、渋くなりすぎてしまった、という人は居ませんか?

私もおうちカフェを始めたばかりの時にはそう感じてしまうことがありました。

茶葉の質によって味の差が出ることもあるのですが、もしかするとそれ以前の問題かもしれません。

 

あなたは紅茶の入れ方の基本(ゴールデンルール)というものがあるのをご存じですか?

紅茶の良さを最大限に引き出すためのポイントがあるので意識してみてください!

 

紅茶の入れ方の基本(ゴールデンルール)

紅茶を入れるために準備するものは

 

rule1:汲みたての水道水

水道水を使いましょう!

水道水って衛生的に良くなさそうなイメージがありますが、沸騰させれば余分な塩素は飛びますし、衛生面は問題ありません。

美味しい紅茶を入れるにはジャンピングを起こしやすい空気を含むお湯が必要なんです。沸騰したてのものを使いましょう!

ジャンピング対流により茶葉が上下に動き、紅茶の濃さが均一になる現象

 

rule2:ティーポット・ティーカップを温めておく

紅茶を入れる前に使うティーカップを温めておきましょう!

温度と高く保つのがとても大切なんです。

ガラスや陶器って結構冷たいですし、折角沸騰させたお湯がティーポットとかティーカップが冷たいままだと茶葉がジャンピングを起こしにくくなってしまうんです(大体90℃位が目安

ポットは陶磁器か銀製のティーポット、あるいはガラス製のティーサーバー、緑茶用の急須などを準備しましょう。

鉄分を含むポットは使わないこと!紅茶のタンニンが鉄分と化合して紅茶本来の味を楽しめません。

 

rule3:茶葉の分量はティースプーンで正確に

茶葉は一杯あたり約3gです。

紅茶の種類にもよりますが基本的にこの量です。ジャンピングを起こりやすくするためにもきっちり1杯分のお湯では無く少し多めに入れると良いですよ!

ティースプーンだと簡単に計れるので一つ持っておくと便利です!

rule4:蓋をして3分間蒸らす

蒸らしている時間はジャンピングの真っ最中です。温度を下げないように気をつけて行いましょう。時間が長すぎると雑味が出るのでしっかり守るようにしましょう!!

ティーパックだったらどうしたら良いですか?ティーポットが無い人も居ると思うのですが。

良い質問ですね。ティーパックで入れる場合にはティーカップにソーサーなどで蓋をして蒸らしましょう!しっかり温度を下げないようにしてあげましょうね。

リーフティーの美味しい入れ方

それでは、今度は紅茶をいれていきましょう!飲み方に適する紅茶を選んでやってみましょう。

 

ストレート向きの紅茶:ダージリン、ヌワラエリアなど

ミルクティー向きの紅茶:アッサム、ダージリン(オータムナル)など

どちらでも美味しく飲める紅茶:ウバなど

 

ストレートティーの入れ方

0.ポットとカップを温めておく

1.水を沸騰させる(5円玉くらいの泡がボコボコ出る位)

2.人数分の茶葉を入れる

3.沸騰したお湯を勢いよく注ぎジャンピングをおこす。冷めないようにフタをして蒸らす1杯分150~160ml、細かい茶葉は2分半~3分、大きい茶葉は3~4分が目安)

4.ポットの中を、スプーンで混ぜて濃さを均一にする。最後の一滴(ベスト・ドロップ)まで注ぎましょう!

 

ベスト・ドロップゴールデンドロップともいう。旨みが凝縮されている一滴のこと。

 

ミルクティーの入れ方

Miaはよくミルクティーを入れています。今回は実際に入れている方法をご紹介します。

 

基本は上のストレートティーの入れ方と同じです。

ミルクティー用の茶葉は抽出しやすく茶葉が細かくなっているので蒸らし時間は2分~2分半くらいにしましょう(Miaは2分にしています)

ミルクティーの場合のミルクは普通の牛乳(冷えた物か常温)を使いましょう!

温めておいたティーカップに半分以上牛乳を加え、そこに濃いめに抽出した紅茶を入れてできあがりです。

水っぽいと美味しくないので紅茶はなるべく少量ですむようにしっかり濃いめに入れましょう!

まとめ

今回は紅茶の入れ方の基本、美味しい入れ方についてご紹介させていただきました。

紅茶の色や香り、味を十分引き立たせるには水、温度、茶葉の量、蒸らし時間が重要です。

これまで美味しく入れることが出来ないと感じていた方はこれらのゴールデンルールのいずれかを満たせていなかった可能性があります。

美味しい紅茶を入れるためには少しの手間が必要なことをご理解いただけたでしょうか?

 

カフェと家で飲む紅茶の違いを感じるのは、カフェの店員さん達がお客様に美味しく飲んでほしいという気持ちをこめて手間をかけて紅茶を入れてくれているからなのかもしれません。

 

そう考えたら、カフェで紅茶が出来るのを待つ時間も少し楽しむことが出来るかもしれませんね♪

 

あなたのカフェタイムがより有意義な物になるお手伝いができれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました