理想のオトコ 燈子(とうこ)役の女優は誰?蓮佛美佐子のドラマ出演歴!

芸能

こんにちは、Miaです。

皆さん早速ですが理想のオトコというドラマをご存じですか?

少女漫画を実写したもので、ざっくり説明すると恋愛ご無沙汰の30代の美容師、燈子の前にミステリアスな雰囲気の年上漫画家、可愛い系の売れっ子年下デザイナー、高校からの同級生などとにかくいろんなタイプの男性が出て来ます。この中に運命とは言わなくても何か足りない気持ちを埋めてくれる「理想のオトコ」は現れるのか?主人公と「理想のオトコ」達の恋愛が描かれた物になっています。

さて、そんな男性からアプローチを受ける羨ましい主人公役は誰が務めるのか気になりますよね?

今回は理想のオトコ 燈子(とうこ)役の女優は誰?蓮佛美佐子のドラマ出演歴!についてご紹介します!

スポンサードリンク

理想のオトコ 燈子(とうこ)役の女優は誰?

早速ですが、理想のオトコの主人公、燈子役の女優は蓮佛美佐子さんです。

ドラマには欠かせないと言うほどの名女優さんです。数々のドラマに出演してるので、名前を覚えていなくても画像を見たらあの人か!と思う人が多いと思います。

根強いファンがとても多く、本日2月27日は蓮佛美沙子さんの30歳の誕生日だったのですが、SNS上で愛あるコメントやお祝いの画像など数多く挙がっているのを目にしました。本当に蓮佛美沙子さんのことを好きなんだなと感じるものばかりでした。

そんな人から愛される蓮佛美沙子さんですが、性格はなかなか大雑把で男っぽいのだとか。

広末涼子さんからも「潔い男らしさがあった」と見抜かれている程で、自然体で飾らない性格が人を惹きつけるのかもしれませんね(^^)

スポンサードリンク

蓮佛美沙子のドラマ出演歴は?

上でもお話しした通り蓮佛美沙子さんは名女優と言われる程の女優さんです。

現在は女優歴としては現在15年、出演作はドラマは50を超えるので全てをご紹介するのは難しいので主演や主役など連番美佐子さんの代表作をメインにご紹介させて頂きたいと思います。

蓮佛美沙子の代表作

出典:連続ドラマ「Q10」より

  • Q10

Q10は平凡な高校生、平太(佐藤健)により起動されたロボットQ10(前田敦子)が平太から人間について学んでいくという話です。その中で蓮佛美沙子さんは平太の同級生の山本民子役を演じています。学校では赤髪を隠し、無気力でクールな性格の女の子、外では熱いロック好きというギャップのある役柄を見事に演じきりました。

Q10をきっかけにファンになったという人も多いようです!

出典:連続ドラマ「七瀬再び」より

  • 七瀬再び(NHKドラマ8)

超能力を持つ主人公のお話しで、蓮佛美沙子さんは主役の七瀬役を演じました。

  • 37.5℃の涙

病気の子供の世話をする病児保育士の主人公のお話しで、元々は漫画の実写版です。蓮佛美沙子さんは主人公の杉崎桃子役を演じました。虐待の後遺症で感情表現が下手になってしまい保育士をやめたという設定で、少し気難しく繊細な役柄を演じて評判になりました。

スポンサードリンク

出典:連続ドラマ「お義父さんと呼ばせて」より

  • お義父さんと呼ばせて

51歳の男性2人が、28歳年下の女性の恋人とその父親として出会い、結婚をめぐってコミカルに対立を繰り広げるというコメディドラマです。この作中では主人公、大道寺保(遠藤憲一)の相手役、花澤美蘭役を演じました。一度ハマったことにはとことん突き進んでいくパワフルな女性の演技はとても見事で印象に残った方も多かったはず!

出典:連続ドラマ「べっぴんさん」より

  • べっぴんさん

戦時の被服屋での主人公の生涯を描いたドラマ。「べっぴん(別品)さん」は貰った人が嬉しいと思う別品を作りたいという主人公の思いからそれがタイトルとなっています。この作中では蓮佛美沙子さんは主人公の姉、板東ゆり役を演じました。しっかり者ではっきりと言う、素の蓮佛美沙子さんに近い役と言えそうです。

その他にも、実写映画の鋼の錬金術師のリザ・ホークアイ中尉を演じたり、繊細な役柄からパワフルな役柄、漫画の実写のキャラクターの役など幅広い役柄を演じています。

出演した映画「記憶屋」の平川監督から繊細な表現が上手い、悲しみと喜びの表現が抜群と大絶賛されるほどの演技力をもつ魅力的な女優さんです。

スポンサードリンク

まとめ:理想のオトコ 燈子(とうこ)役の女優は誰?蓮佛美佐子のドラマ出演歴!

最後まで呼んで頂きありがとうございます。

今回は理想のオトコの主演を務める女優さん、蓮佛美沙子さんについてご紹介させて頂きました。

佛美沙子さんは数々の俳優、女優を見てきている監督からも絶賛されるほどの演技力を持つ魅力的な女さんであることがわかりました。

今まであらゆる役柄を演じてきた蓮佛美沙子さんですが、今回はかなり恋愛要素の強い役柄になります。

今まで恋愛要素の強い役柄を演じている印象はあまりない印象ですが、繊細な演技を得意とする彼女ならきっとドキドキする女性の繊細な感情を見事に表現して見せてくれることでしょう!

今から4月からスタートの理想のオトコでの蓮佛美沙子さんの演技から目が離せませんね(^^)

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました