大阪・関西万博のロゴマーク、SNSをざわつかせる?!あのキャラを思い浮かべた人も多いはず!

ニュース

先日、2025年の大阪・関西万博の公式ロゴマークが発表されました。

あまりに奇抜なデザインにTwitterではトレンドのトップに上がるほど、約6000件の応募の中から選ばれたこのデザインは「自由ないのちの輝き」を表現したものなのだとか…

命の形は自由ということでどんな見た目でも全ての命は尊い輝く物であるということを言いたいのかなと思いますが、ネット上では「気持ち悪い」、「大阪府民やめたい」、「大腸ポリープみたい」、「化け物」など否定的な意見が多く見られている様子。

それに対して「インパクトがある」、「面白い」というポジティブな意見も寄せられました。

そんな中、特にネット上で多く言われていたのが既視感がある、○○に似ているというものでした。

スポンサードリンク

○○に似ている

既視感を覚え、○○に似ていると思った人は数多く居ました。

その中でも、特に似ているという意見が多かった物としては

  • キャラメルコーン

「キャラメルコーン食べたい」、「万博ロゴ錬成失敗したキャラメルコーン」、「ポン・デ・リングとキャラメルコーンのコラボ」など、見た目や配色など正直キャラメルコーンにしか見えないと感じた人も多いはず。太陽の塔をイメージしてのデザインとのことでしたが、キャラメルコーンからインスピレーションを得たと感じている人もかなり多いかも。

その他にも

  • クリーチャー

寄生獣のクリーチャーなどの意見が多かったです。

  • 魔神柱(FGO)

FGO(Fate Grand Order)というスマホアプリの敵キャラとして出てくるキャラクター。多数の目がありシンボルに似ているという声が多く上がりました。

  • ミーティ(メイドインアビス)

メイドインアビスという漫画に出てくるキャラクター。人体実験の末人とは形容しがたい姿に変わってしまう。その時の見た目に似ていると言う声が多く上がりました。

  • ガラナ(食べ物)

北海道のコーラの原料として有名な食べ物。果実から出た種の見た目が目にしか見えないためシンボルマークに似ていると言う声が多かったです。

  • コイル(ポケモン)

ポケモンの初期から登場しているキャラクター、電気ポケモン。レアコイルやコイルが沢山集まっている姿がシンボルマークに似ているという声が寄せられました。

  • ムック(ポンキッキーズ)

昔からやっているポンキッキーズのキャラクターとしておなじみのムックです。赤い見た目と目の感じが似ていますよね。

  • 錬成の失敗作(鋼の錬金術師)

鋼の錬金術師というアニメに出てくる人体錬成で錬成した物。人とは言えない見た目が似ていると思う人もいるようです。

  • 埼玉県の亜種

赤の勾玉の形で円をかたどったデザインの埼玉の県章。形も見た目も似ていることから既視感を覚えた方もいるようです。

 

大体取り上げられていたのがこの辺りの物でした。一部を除いて大体が見た目がグロテスクな物が多かったのでそちらは興味がある人はのぞいてみてください。デザインの出始めは否定的な意見が多かったですが、既視感ある見た目から「コロシテ君」、「いのちの輝き君」などと命名されて受け入れられる事が多くなってきているようです。

まとめ

今までの万博のシンボルというとシンプルな綺麗なデザインが多かったのに対して、今回のデザインは今までに無い新しい物を取り入れた印象があります。

今までの万博のシンボルマークを全て覚えている人は少ないかもしれませんが、今回発表されたシンボルマークを忘れる人はほとんど居ないでしょう。

それくらいインパクト満載なデザインです。万博は日本をアピールする大事なイベントですし、日本国内で賛否両論があるインパクト満載なデザインは世界的に良い宣伝になります。

話題性を目的として選ばれたシンボルなのであれば今回のシンボルマーク決めは正解だったのかもしれませんね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました