木下優樹菜、インスタフォロワー激減!理由についてご紹介!

芸能

今年の7月に芸能界を引退した元タレント、木下優樹菜さんが9月1日にインスタグラムを新設しました。

しかし、以前は500万人以上に渡るフォロワーがいたにもかかわらず、新アカウントでは30万人と以前の10分の1以下という数になってしまったのだそう。

今回は木下優樹菜さんのインスタのフォロワーがここまで激減してしまったと思われる理由についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

一般人への恫喝騒動

なんと言っても、最も大きいのは姉が勤務していたというタピオカ店に対して恫喝と思われるメッセージを送ったことが判明したことが一番の理由として挙げられると思います。

というのも、木下優樹菜さんといえば一般のファンと距離感が近く、いわゆる「木下組」と呼ばれるファン達とバーベキューをしたりイベントをしたりと親しくお付き合いしているのは有名な話です。そんな一般人であるファン一人一人を大事にしてくれる姉御肌の木下優樹菜さんを慕っていたファンはとても多かったと思います。

それに対して芸能人という立場でありながら、その立場を利用して私情を挟みお店に圧力をかけるという行為は恥じるべき行為ですし、ファンの慕っていた思いを大きく裏切った形になったのでは無いでしょうか。

新設したインスタグラムでは、そんな今まで慕ってくれていたファン、「木下組」に向けて

「会いたいとずっとずっと思ってくれていたりずーっと優樹菜を想ってくれたり動画を作ってくれたりしてくれて見ました ゆきなの周りのみんなと話し合って木下組とリモートで会う事にしたよ みんなに感謝の気持ちを直接(大変なウィルスのせいで会えないけど)伝えたいので」

とメッセージを綴っていますが、このメッセージは今までいた「木下組」にどれだけ届いているのでしょうか。

恫喝されたとされるお店に対しての謝罪も無いまま、芸人の藤本敏史さんとも離婚し、芸能界を引退し、完全に一般人になってしまった彼女の行動に対しての世間の見方はかなり厳しいものであることは間違いありません。

不倫騒動

恫喝問題に加えてミュージシャンA氏と不倫をしていたという話が明らかになったのも記憶に新しいことです。

木下優樹菜さんといえば、姉御肌であることだけでなく、元旦那である芸人の藤本敏史さんや子供達との仲の良さや、頑張るお母さんとしての顔も人気のタレントさんでした。

理想の夫婦として取り上げられていた時代もありましたし、そんな家庭に憧れた人も多かったのでは無いでしょうか。

世間は不倫という行為に対してかなり厳しいです。

芸能人としてだけでなく、今いる子供のこと、親として果たすべき義務を果たせていない状況の中、

一般人になったにも関わらず芸能人であった時と同じように「木下組」に呼びかけをするのも違和感を感じさせられます。

この行為自体も「木下組」離れに繋がっているのでは無いでしょうか。

フォロワー買収疑惑

そもそも、今回の新アカウントですが、これ自体も純粋に一般人がフォロワーではないかもしれないという疑惑が浮上しているようです。

勿論、元々のファンもいるとは思うのですが、彼女と接点が無さそうな外国人のフォロワーが多数存在するというのです。

実際、フォロワーは買収することが出来てしまうそうで、可能性としては捨てきれないのかもしれません。

まとめ

今回は元タレントの木下優樹菜さんのインスタグラムのフォロワーが激減してしまった理由について考察させて頂きました。

色々な問題が重なり、芸能界を引退した木下優樹菜さんですが、今はシングルマザーとして子供を育てていかなければいけない女性です。

子供のためにも、彼女を慕い続けている「木下組」のためにも、あらゆる問題を解決し、格好いい姉御肌を発揮する姿をまた見ることが出来ることを祈るばかりです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました