加藤清史郎がイケメンに!子供店長が成長するまでの経緯をご紹介!

芸能

こんにちは、Miaです。

皆さんは加藤清史郎さんをご存じですか?2009年~2010年のトヨタのCMで「こども店長」として有名になった俳優さんです。

十年前には大河ドラマの「天地人」の直江兼続の幼少時代の役を堂々と演じていて話題になりました。

しかし、それ以来あまりテレビで見ていないような…?そう感じた方も多くないはず!

そんな加藤清史郎さんが今放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」の正親町天皇(坂東玉三郎)の嫡男、誠仁親王役を演じる事が決定しました。

10年ぶりにメディアに出演した彼ですが、昔の「こども店長」の面影の無いイケメン姿にSNSでトレンドの上位に上るほど話題になりました。

劇的な変貌を遂げた彼が今までどこで何をしていたのかについてご紹介します。

 

加藤清史郎とは

加藤 清史郎(2001年8月4日生まれ、現在19歳)

出身:神奈川県

所属事務所:研音所属。(2019年まで劇団ひまわりに所属)

趣味:野球、サッカー

出演映画:座頭市、忍たま乱太郎、愛と誠、暗殺教室など。

ドラマ:天地人、風林火山、ヴォイス、本当にあった怖い話、任侠ヘルパースペシャル、相棒season11、16など

その他劇場、CMなど幅広く仕事をしている。

 

将来について悩んだ中学時代

 

「こども店長」や「天地人」でブレークした加藤清史郎さんですが、中学時代には俳優として仕事をしながら野球にも真剣に向き合っており、将来自分は俳優を続けるのか、野球選手を目指すのかで悩んでいたようです。

そんな悩む加藤清史郎さんに対し、当時共に舞台「演劇歌舞伎」で稽古をしていた市川海老蔵さんは「その(豊富な)キャリアをつぶしてまで野球選手になりたいのか。野球なら趣味でも出来る。」とアドバイスをしたのだそうです。

確かに、その通りと思うのですがそれでも中学生にはなかなか難しい決断だったと思います。

しかし、市川海老蔵さんも6歳と言う幼い頃から芸歴を積んでおり、わずか1歳で芸能界デビューを果たした加藤清史郎さんにとって共感できることも多かったのでしょう。

それをきっかけに俳優として生きていく決意をします。

俳優としての腕や英語の技術を磨くため、高校時代はイギリスに留学することになりました。

イギリス留学を経験した高校時代

中学時代は野球をしていましたが、高校時代はサッカーをし、英会話は英語での演劇の稽古をしていたのだそう。自然豊かな場所で、時には芝生に寝転がりながら過ごすなどのびのびと過ごしていたのだとか。

 

サッカーは日本人と違い体格が恵まれた選手が多く、体格差を感じながらも楽しんだそうです。

以前の加藤清史郎さんというとどちらかというと童顔なこともあり男性らしさを感じない印象でしたが、現在の加藤清史郎さんは顔の幼い感じは完全には抜けきらない物の男性らしさが感じられますよね。

これもきっとスポーツを通して男性らしい体型を手に入れたからなのではないでしょうか。

 

ちなみに英会話は大分苦戦したそうです。英会話は以前からやっていましたが、本場であるのに加え、英会話で演劇をやるため相手の英語のスピードも速く、聞き取るのが精一杯だったそうです。

ですが、3年という経験を積んだ今では海外で問題無く生活が出来るほどの英語力を身につけたとのこと。

演技力+英語力+身体能力を身につけたことによって今後更に活躍の幅が広がりそうですよね。

更にパワーアップした彼の演技を見れるのが楽しみです。

演技だけで無く、実は苦い恋愛の経験も…

高校時代、イギリス留学をしていただけで無く、実は日本とイギリスで遠距離恋愛もしていたそうです。

中学時代からのお付き合いをしていた相手で、時差を考えながらイギリスの朝5時頃に豆に連絡を取っていたそうです。

恋愛に対してとても一途で、好きという気持ちを隠すのが苦手だけどばれたくないなどとても可愛らしい恋愛観を持っている人なのだと言うことが覗えます。

帰国する際に誕生日プレゼントやお土産を準備していて会う約束をしていたそうですが、ドタキャンをされてしまい「別れよ」と言われてしまい、後に彼女が二股をしていたのが発覚したのだとか。

ほろ苦い経験をしてしまった加藤清史郎さんですが、高校時代の経験によりかなり魅力的な男性に成長したのでは無いでしょうか?

現在の彼は?

今現在は、高校留学を終えて大学一年生になっています。

文学部で演劇のある大学に進学したとのことですが、実際の所どの大学であるのかまでははっきりしていません。

はっきりとした情報が入ればまた記載させていただこうと思います。

まとめ

今回は大学1年生にまで成長した加藤清史郎さんについてご紹介させて頂きました。

「こども店長」の印象が大きい彼ですが、これまでの経験、大人に成長した「加藤清史郎」という一人の俳優としてこれから様々な番組や映画、ドラマなどで活躍していく姿を見られるのが楽しみですよね。

「こども店長」のイメージを払拭する日が来るのもそう遠くない話かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました