コーヒーは胃に悪い?胃が荒れる原因と対応策をご紹介!

カフェ

こんにちは、Miaです。突然ですが、コーヒーを飲んだとき、胃の調子が悪くなったり、胸焼けを感じたという経験はありませんか?

こんにちは、Miaさん。私も胃が荒れてしまったことがあります。

飲み過ぎてしまったときとかだと気持ち悪くなってしまったり(^^;)

胃が荒れてしまう理由はちゃんと原因があるんです。今回はそんなコーヒーで胃が荒れる原因対策についてご紹介します!

そもそもコーヒーには何がはいっているの?

 

コーヒーが胃を荒らしてしまう原因についてご紹介する前に、そもそもコーヒーにふくまれる成分どのようなものがあるのかについてご紹介します。

コーヒーには眠気を覚ます意外にも沢山の効果があります。是非コーヒーに入っている成分とその効果について知ってコーヒーを楽しんでみてください。

 

コーヒーの成分

 

・カフェイン

コーヒーの代表的な成分です

コーヒーを飲んでいて、トイレに行きたくなったり目が冴えた経験はありませんか?あれもカフェインによるものとされていますね。

確かにそういうことってありますね。仕事の目覚ましに飲んだりとかします。

実は、運動能力や、計算効率があがったという論文も出ているようです。他にもダイエット効果も期待されているとか。私も沢山食事を採る時にはコーヒーを飲むようにしています。

カフェインってそんなにいろんな効果が合ったんですね!知りませんでした。ダイエット効果があるなら是非飲むようにしたいです。

 

大学時代や仕事の時によくコーヒーを口にしている人を見ますが、カフェインの効果を考えると理にかなっているかもしれませんね!

目覚ましのイメージが圧倒的に多いカフェインですがそれ以外にも体に嬉しい効果があります。コーヒー以外にも紅茶にも含まれているので適度に摂取すると効果が期待できるかもしれません。

 

・ポリフェノール

ポリフェノールは普段チョコレートに入っていたり、ワインに入っていたりする成分です。

このポリフェノールがどんな効果があるのかというと、抗酸化作用という酸化を防ぐ効果があります。がんや糖尿病、動脈硬化などの予防に有効という研究結果も報告されていて注目されています。

コーヒーには、クロロゲン酸というポリフェノールが豊富に含まれています。これがコーヒーの色や苦味、香りなどの素です。

 

コーヒーの味ってポリフェノールが素だったんです。コーヒーの独特な味を出すだけで無く、体にも良い効果を示すため、昔は薬として使われていたこともあるようです。

ですが、適量としては1~2杯ほどなのでそれ以上飲むと不眠の原因に繋がる恐れがあるので飲み過ぎないようにしましょう!

 

胃が荒れる原因

さて、今回の記事の本題の胃が荒れる原因について説明していきます。

 

結論から言ってしまえば、胃が荒れる理由はクロロゲン酸にあります。

 

胃が荒れる原因=カフェインと考えている人も多いですが、カフェインって紅茶や緑茶にも含まれています。ですが、これらの飲み物では胃が荒れると言う話はほとんど聞きませんよね?

つまり、その時点でカフェインは胃が荒れる主な原因では無いと考えられます。

クロロゲン酸には胃の機能を活性化して胃酸が過剰に分泌される効果があるとされています。特に空腹時に胃酸が過剰に分泌すると、胃もたれ、胸焼けの原因になる可能性があります。

カフェイン自体も過剰摂取すると脂肪を分解するために胃酸の分泌を促すので胃が荒れる原因に繋がるので、全体的な成分を考えてもコーヒーは胃を荒らす飲み物と言えますね!

胃を荒らさずに飲むには?

コーヒーって種類次第で荒れない物があるわけではないんですね…胃を荒らさずに飲むにはどうしたら良いんでしょう?

コーヒーの飲み方次第で荒れにくくする方法はあるので、コーヒーを飲むときには是非試してみてくださいね!

 

①水を飲む

 

コーヒーを飲む前にコップ1杯分の水を飲んでおきましょう。

胃の中に入るコーヒーを薄めてくれるので比較的胃が荒れにくくなります。

コーヒーによって胃酸分泌がうながされるので、それを薄めるために事前に水が胃に入っていると胃が荒れるのを防いでくれます。Miaもコーヒーを飲む前には一度水を飲むようにしてから胃が荒れにくくなりました。

②牛乳を飲む

 

コーヒーを飲む前に牛乳を飲んでおくか、カフェオレにしてしまいましょう。

牛乳を飲むと胃の粘膜に膜を張り、胃酸から胃を守ってくれます。元々胃が弱い人も定期的に牛乳を飲んでおくと胃が荒れにくくなるので良いと思います。

この2点に十分気をつけて飲めば胃が荒れにくく、コーヒーを楽しんで飲むことができます。

普段ストレートで大量にコーヒーを飲んでいる人や、胃が元々良くない人は特にこのような点に気をつけて見てくださいね♪

まとめ

 

今回は、普段飲むコーヒーによる胃の不調の原因についてご紹介させていただきました。

コーヒーの成分は体に良い効果が多い反面、飲み方によっては胃に負担をかけてしまう飲み物です。

飲み方次第で健康やダイエットなどの美容にも繋がる可能性のあるコーヒーは興味深いですよね?

一工夫するだけで体に負担をかけずにコーヒーを楽しむことが出来ます。

胃が荒れるからコーヒーが飲めないと悩んでいる人は是非試してみてください。

 

あなたのカフェタイムがより有意義な物になるお手伝いができれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました