ダイエットさん必見!お菓子、食べて良い時間、悪い時間があるって知ってた?

お菓子

こんにちはMiaです。最近は一気に暑くなってきて冷たいアイスや、デザートを食べたくなりますよね。

Miaさんこんにちは!そうですね、ついつい食べ過ぎてしまって…ダイエットしなきゃとは思っているんですけど(^^;)

食事制限は大事ですが、適度に食べないとダイエットって長続きしませんよね。私は間食する時間を変えてから体重が落ちやすくなりました。今回は間食に適した時間帯についてご紹介します。普段ダイエットしている人は是非取り入れてみてくださいね♪

 

ダイエットをしている人であれば本当は間食は控えたい所ですが、どうしても食べたいと思ってしまう人も居ると思います。

我慢しすぎるとやけ食いの原因になってしまいますので、適度に間食もしつつカロリーコントロールをしていくのをおすすめします。

今回は、お菓子を食べても良い時間帯と悪い時間帯についてご紹介させていただきますので参考にしてください!

 

脂肪が蓄積させる原因

 

間食して良い時間と悪い時間を考える上で欠かせないのがBMAL1(ビーマルワン)というタンパク質とリパーゼという酵素です。

BMAL1(ビーマルワン)体内に取り込んだ栄養を脂肪細胞に変える酵素を増やす効果があります。

このBMAL1は夜間(22時~午前2時)に特に増え、午後3時位に最も少なくなるため夜に高カロリーなお菓子を食べると食べたものを積極的に脂肪に変えてしまうんです!

飲み会でのアルコールの摂取や飲食も勿論太る原因になりますが、それに加えてBMAL1の効果のせいもあります。

ちなみに、15時頃が食べるのに適している理由はBMAL1だけじゃなくてリパーゼも関係しています。リパーゼは対照的に、脂肪細胞を分解してくれる効果がある酵素です。

この酵素は昼の時間帯に活性化させるので朝から昼にかけて摂取したエネルギーを消費します。

普段の食事は朝、昼は気にせずに食べて夜に減らすという風にすれば良いと思います。よく3時のおやつと言いますが、あれはとても利にかなっているんです。

 

夜になると脂肪は蓄積されていきます。同じ量を食べても脂肪になる量が圧倒的に違うんです。朝を抜くと、体が飢餓状態だと勘違いして脂肪が蓄積されやすくなるので朝、昼はしっかり食べる習慣をつけましょう。

体の仕組みをしっかり理解して効率よく食べたいものを食べて理想の体型をキープしましょう!

 

間食に適さない時間帯

 

間食を避けるべき時間帯は夜の中でも22時~2時の時間帯です。この時間帯はBMAL1が20倍も分泌されるとされているので、単純に言えば栄養を脂肪細胞としての吸収率は20倍に及ぶと考えられます。

具体的な数値があると自然と自制するようになりますよね。

同じ量でも20倍も変わると考えたら、少し食べる量を増やして15時に食べる方が断然良いと思います。

働いている方だと平日はなかなか難しいかもしれませんが、休日をチートデイとして15時頃にお菓子を食べるなどメリハリをつけるだけでも違うかもしれません。

絶対に常に間食をしない、など過度の我慢を自分に強いるとダイエットも長続きしません。

自分の体の仕組みを知り、理解をした上で食べて良い日、時間をちゃんと決めて好きな物を摂取しませんか?

 

ダイエットを続けるには

ダイエットを継続出来る人は極わずかですよね、強い意志がないと難しいです。

そうなんです、良く挫折してしまいます(^^;)

短期的な物であれば出来ますが、振り出しに戻らないようにやり続けることが出来る人は少ないです。理由は簡単で、好きなことを我慢しすぎる生活は楽しくないからです。

 

我慢した反動がきてやけ食いしてリバウンド、なんてことありませんか?そんな悪循環に陥るよりも、定期的に食欲を満たしてやる方が緩やかかもしれませんが確実に体重は落ちていきます。

 

毎日食べてしまってはダイエットの効果が得られにくいので、まずはストレスがかかりにくい程度の間食の頻度を定め、間食をした日にはエクササイズをするなど癖付けをするのをおすすめします。

癖付けができれば少しずつ体重は落ちていくと思います。

楽しく、ストレスを極力ためずに継続して行うことが確実に体重を落としていくポイントだと私は考えます。

 

まとめ

今回はお菓子を食べて良い時間帯と悪い時間帯、ダイエットを続けるポイントについてお話させていただきました。

ダイエットには間食を控えるのが一番ですが、完全に無くしてしまうとストレスで過食の原因に繋がります。

そうならないように間食をするときには15時頃にカフェ時間を取って紅茶やコーヒーとともに摂るようにすれば満足度が得られ、ダイエットの継続に繋がるかもしれません。

無理なく、バランスを考えてダイエットに望みたいですね!

 

あなたの生活が有意義になるお手伝いが出来れば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました